ファインゴールがお客様のニーズに対してお約束する「Special」「Speed」「Spirit」は、ビジネスを展開する上では一般的で当然の事と考えられています。確かに、「専門的に」「早く」「プロ意識を持って」とは、基本中の基本です。しかし、現実的に皆様が日常受けておられる様々なサービスはいかがでしょうか?
ファインゴールは、企業経営における課題解決を幅広くサポートしてきた経験と実績を持つ専門スタッフにより、皆様の様々なニーズに最適なサービスをコーディネートしてお応えすることができます。
税理士5名をはじめ各分野に精通した専門家と共に”TEAM007”2011年4月に立ち上げ、ワンストップサポートを強化し皆様の日常的に発生されているであろう様々な経営課題に対して、自分達の目と耳と感性とで確かめた「本当に信頼できる情報」だけをもとに、最適な解決策をご提案させていただきます。
あらゆるサービスや情報が手に入るといわれるなかで、「本当のサービス」「本当の情報」を厳選し、それを活用していくことは簡単ではありません。ファインゴールは、ビジネスの基本を何よりも大切にし、皆様が安心して"ビジネスにおけるファインゴール”を決められるよう、真摯にアシストさせていただきたいと考えております。


News&Information

2022/03/30

プライバシーポリシーを改定しました。

2021/10/11

M&A登録支援機関として登録されました。中小企業庁M&A支援機関登録制度

2020/12/25

12/30~1/3までの間は年末年始休暇となります。担当者へは携帯電話またはメールにてご連絡をいただければ対応可能です。

2020/04/17

全国一斉の緊急事態宣言を受け、時短および外出自粛等の対策により新型コロナウイルス感染拡大予防に取り組んでおりますので、弊社業務にご理解をお願いいたします。

事業内容

リスク管理

信用調査会社での経験をもとに、企業における様々なリスクへの対応をサポートします。各分野の専門士業とも連携しながら、契約から債権回収/取引継続までの取引先管理、内部統制、災害リスクなどにおいて、現実的な対応策をご提示します。

不動産活用

お客様にとって最適な不動産の活用方法は何か?この難解な課題に対して、不動産に精通した税理士、「営業ありき」ではない不動産関連企業などと連携し、常に中立的な立場で購入/売却/建替などにおいて厳選したプランをご提示し実行します。

相続対策

魔法の相続対策があるかのような印象を与える多くのセミナーが開催されています。しかし、相続対策に魔法やウルトラCは存在しません。その相続対策が本当に有益なのかどうかを厳正に検証し、2代3代先を考えた真のスキームをご提案します。

輸出入業務

輸出入における契約決済/通関/物流など多岐にわたる業務に関して、現場を熟知したノウハウで対応します。お客様のニーズに合った最適なサービスをコーディネートし、専門的かつ効率的、現実的なサポートをさせていただきます。

M&A

M&Aにおいては、そもそもの必要性と運用スキルが成否のカギを握ります。「M&Aがベストな選択なのか?」「運用マネジメントができるか?」、多様な企業情報とリスク管理ノウハウを駆使し、M&A登録支援機関としてお客様の成長戦略をサポートします。 M&Aガイドライン
 

WEB/メディア事業

WEBサイト構築/WEBシステム開発/企業ブランディング/グラフィックデザインなど、ビジュアル、デザイン、コピーライティングにおける分野で、お客様にとって最適な媒体の選定から運用までのトータルサポートをご提供します。

スポーツ事業

総合型地域スポーツクラブ、一般の各種スポーツチームが直面する運営に関する様々な課題に対して、クラブの限られたスタッフと予算のなかでも具体的で実現可能な対応プランをご提示し、アフターフォローまで行います。
 

ワンストップサービス

5名の税理士と各種士業/コンサルタントが全員で貴社をバックアップする体制を、TEAM007がご提供します。契約顧問とは別の専門家の意見を聞いたうえでの判断が必要だとお感じになったら、セカンドオピニオンとしてもご活用ください。 

アクセス

名古屋市中区金山5-11-6 名古屋ソフトウェアセンタービル3F
TEL:052-737-7001  Email:info@finegoal.jp


会社概要

商 号 株式会社ファインゴール
英文商号 FINEGOAL CO.LTD.
本 社

名古屋市中区金山5丁目11番6号 名古屋ソフトウェアセンタービル3F 〒460-0022
TEL:052-737-7001  https://www.finegoal.jp

設 立 2006年3月
資本金 4,000千円
代表者 杉 本 真 人
事業内容 経営課題解決サポート
◎リスク管理
◎不動産活用
◎相続対策
◎M&A
◎輸出入業務
◎WEB・メディア活用
◎スポーツ事業
◎TEAM007
沿 革 2021年10月  M&A登録支援機関として登録(中小企業庁)
2011年4月  経営課題解決のワンストップサービス「TEAM007」をスタート
2008年9月  商号を有限会社ファインゴールから株式会社ファインゴールへ変更
2008年9月  本社を名古屋市中区金山5丁目11番6号名古屋ソフトウェアセンタービル3Fへ移転
2006年3月  名古屋市昭和区において設立

株式会社ファインゴールは以下の通り、中小企業庁が定める「中小M&Aガイドライン」に従い、登録M&A支援機関として、仲介契約・FA契約の締結について業務形態の実態に合致した仲介契約あるいはFA契約を締結し、契約締結前に依頼者に対し仲介契約・FA契約に係る重要な事項について明確な説明を行い、依頼者の納得を得ます。
 
<重要な事項>
(1)譲り渡し側・譲り受け側の両当事者と契約を締結し双方に助言する仲介者、一方当事者のみと契約を締結し一方のみに助言するFAの違いと、それぞれの特徴
・仲介契約締結前に、譲り渡し側・譲り受け側の両当事者と仲介契約を締結する仲介者であるということ(特に仲介契約において、両当事者から手数料を受領することが定められている場合には、その旨)を両当事者に伝えます。
・仲介契約締結にあたり、予め両当事者間において利益相反のおそれがあるものと想定される事項()について、各当事者に対し明示的に説明を行います。例:譲り渡し側・譲り受け側の双方と契約を締結することから、双方のコミュニケーションや円滑 な手続遂行を期待しやすくなる反面、必ずしも譲渡額の最大化だけを重視しないこと
・別途両当事者間における利益相反のおそれがある事項(一方当事者にとってのみ有利又は不利な情報を含む)を認識した場合には、この点に関する情報を各当事者に対し適時に明示的に開示します。
・確定的なバリュエーションを実施せず、依頼者に対し必要に応じて士業等専門家等の意見を求めるよう伝えます。
・参考資料として自ら簡易に算定(簡易評価)した概算額・暫定額としてのバリュエーションの結果を両当事者に示す場合には、1)あくまで確定的なバリュエーションを実施したものではなく、参考資料として簡易に算定したものであるということ、2)当該簡易評価の際に一方当事者の意向・意見等を考慮した場合、当該意向・意見等の内容、3)必要に応じて士業等専門家等の意見を求めることができること、を両当事者に対して明示します。
・デューデリジェンスを自ら実施せず、デューデリジェンス報告書の内容に係る結論を決定しないこととし、依頼者に対し必要に応じて士業等専門家等の意見を求めるよう伝えます。
(2)提供する業務の範囲・内容(マッチングまで行う、バリュエーション、交渉、スキーム 立案等)
(3)手数料に関する事項(算定基準、金額、支払時期等)
(4)秘密保持に関する事項(秘密保持の対象となる事実、士業等専門家等に対する秘密保持義務の一部解除等)
(5)専任条項(セカンドオピニオンの可否等)
・依頼者が他の支援機関の意見を求めたい部分を仲介者・FA に対して明確にした上、これを妨げるべき合理的な理由がない場合には、依頼者に対し他の支援機関に対してセカンドオピニオンを求めることを許容します。ただし、相手方当事者に関する情報の開示を禁止したり、相談先を法令上又は契約上の秘密保持義務がある者や事業承継・引継ぎ支援センター等の公的機関に限定したりする等、情報管理に配慮します。
・専任条項を設ける場合には、契約期間を最長でも6か月~1年以内を目安として定めます。
・依頼者が任意の時点で仲介契約・FA 契約を中途解約できることを明記する条項等(口頭での 明言も含む)も設けます。
(6)テール条項(テール期間、対象となるM&A等)
・テール期間は最長でも2年~3年以内を目安とします。
・テール条項の対象は、あくまで当該M&A専門業者が関与・接触し、譲り渡し側に対して紹介した譲り受け側のみに限定します。
(7)契約期間
(8)依頼者が仲介契約・FA 契約を中途解約できることを明記する場合には、当該中途解約に関する事項最終契約の締結について、契約内容に漏れがないよう依頼者に対して再度の確認を促します。クロージングに向けた具体的な段取りを整えた上で、当日には譲り受け側から譲渡対価が確実に入金されたことを確認します。
 
上記の他、中小MAガイドラインの趣旨に則った行動をします。

FINEGOALホームページ https://www.finegoal.jp/(以下、当サイト)をご利用いただき、ありがとうございます。当サイトは株式会社ファインゴール(以下、ファインゴール)にて管理、運営されております。閲覧・利用にあたっては、下記内容をご一読くださいますようお願いいたします。
なお、下記内容は予告なく変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

1. 著作権・商標などについて
当サイト内のコンテンツ(文章・資料・画像など) の著作権は、ファインゴールが保有します。また、当サイト上で使用されるファインゴールまたはその他の会社などの商標、標章、ロゴマーク、商号などに関する権利は、商標法、不正競争防止法、商法およびその他の法律で保護されています。これらを各々の権利者の許諾を得ることなく複製・改変・転用等をすることを禁止します。
その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商号、商標もしくは登録商標です。なお、個々のコンテンツにおいて、個別に商標が示されている場合、またはそれを示すコンテンツにリンクしている場合には、当該情報が優先されます。
2. 禁止事項
当サイトのご利用に際し、次の行為を禁止します。
・第三者もしくはファインゴールの財産・プライバシーなどを侵害する行為、または侵害する恐れのある行為
・第三者もしくはファインゴールに、不利益・損害を与える行為、またはその恐れのある行為
・公序良俗に反する行為、またはその恐れのある行為
・犯罪行為もしくは犯罪行為に結びつく行為、またはその恐れのある行為
・他人の電子メールアドレスを登録するなど、虚偽の申告、届出を行なう行為
・第三者もしくはファインゴールの名誉・信用を毀損する行為
・コンピュータウィルスなど有害なプログラムを使用もしくは提供する行為、またはその恐れのある行為
・法律、法令もしくは条例に違反する行為、またはその恐れのある行為
・コンテンツの偽造や不当な操作(追加・削除を含む)等、またはそれに関する行為
・ファインゴールに無断で営業活動、もしくは営利を目的とする行為
・その他、ファインゴールが不適切と判断する行為
3. 準拠法および管轄裁判所
当サイトのご利用ならびに当サイトに関わる事項については、ほかに別段の定めのない限り、日本国法に準拠するものとします。また、当サイトに関わるすべての紛争については、ほかに別段の定めのない限り、名古屋地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。
4. 免責事項
ファインゴールは、当サイト上のコンテンツの内容については細心の注意を払って情報を掲載しておりますが、妥当性や正確性について保証するものではなく、一切の責任を負いかねます。
当サイト上のコンテンツやURLは、予告なしに変更または中止されることがあります。あらかじめご了承願います。
なおファインゴールは、理由のいかんに関わらず、情報の変更および当サイトの運用の中断または中止によって生じるいかなる損害についても責任を負うものではありません。
当サイトに掲載されている情報は、掲載した時点での情報です。掲載した時点以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。
5. 当サイトへのリンクについて
ファインゴールの許諾なしに当サイトへのリンクを張ることはできません。ご希望の場合は、ご連絡ください。
なお、当サイトへのリンクは、貴社(貴方)とファインゴールとの間で何らかの契約関係が生じることを意味するものではありません。また、ファインゴールより貴社(貴方)に対して、当サイト上の情報(文章、画像、その他当サイトに掲載するすべての情報)に関する何らかの権利の付与を意味するものでもありません。
また、貴社(貴方)が当サイトへリンクしたことにより生じた賠償、その他いかなる苦情、請求などの損害について、ファインゴールは一切責任を負いません。また、当サイトへのリンクに関し、貴社(貴方)に対して、何らかの保証、一切の責任・義務も負いません。

株式会社ファインゴール(以下「当社」)は、「個人情報の保護に関する法律」(「個人情報保護法」)に基づく個人情報の適正な取扱いの確保について、組織として取り組むために、本プライバシーポリシーを定めます。
 
1 当社の名称・住所・代表者の氏名
株式会社ファインゴール
〒460-0022
名古屋市中区金山5-11-6 名古屋ソフトウェアセンタービル3階
代表取締役 杉本 真人
 
2 関係法令・ガイドライン等の遵守
当社は、個人情報保護法その他の法令及び個人情報保護委員会のガイドラインその他のガイドラインを遵守して、個人情報の適正な取扱いを行います。
 
3 個人情報の取得・利用
 当社は、個人情報を取得する際には、利用目的を公表または通知し(本指針による公表を含む。)、また、直接ご本人から契約書その他の書面(電磁的記録を含む)に記載された個人情報を取得する場合には、あらかじめ利用目的を明示し、適法かつ公正な手段によって取得いたします。
 当社は、利用目的の達成に必要な範囲内で、適正に個人情報を利用いたします。
 
4 個人情報の利用目的
 当社は、以下の目的で個人情報を利用します。
 
(1)お客様(法人の場合はその役職員の皆様)に関する個人情報

  • 本人確認・個人認証
  • 業務上必要なご連絡、契約の履行、商談等
  • お客様情報の管理
  • お客様のお問合せ、ご相談、苦情、修理、サポートへの対応、確認及び記録
  • 商品の開発その他サービスの改善、向上
  • 当社の提供するデジタルサービス(ウェブサイト・モバイルアプリなど)におけるお客様の体験の改善、向上
  • ご案内状、電子メール等による商品、サービス、キャンペーン等の広告、情報提供(※1・※2)
  • GoogleYahoo等の広告配信事業者を利用した行動ターゲティング広告の配信(※1・※2)
  • お客様の趣味、嗜好等の把握のための当社が取得した属性情報、行動履歴等の分析(※3・※4)
  • お客様に当社の商品・サービスを安全に提供するため。利用規約に違反している利用者の発見と当該利用者への通知や、サービス等を悪用した詐欺や不正アクセス等の不正行為を調査・検出・予防、及びこれらに対応することが含まれます。

 
(※1)お客様から取得したウェブサイトの閲覧履歴や購買履歴等の情報を分析して、サービスの提供、広告配信等を行う場合があります。
(※2)当社以外の第三者から取得したお客様の趣味嗜好・閲覧履歴等の情報を当社が既に有しているお客様の個人情報と紐づけて利用する場合があります。この場合にはお客様からあらかじめ同意を取得するとともに、上記に掲げる利用目的の範囲内において利用いたします。
(※3)当社のウェブサイトを利用するお客様の情報を、コンピュータやアプリケーションソフト上で記録管理する技術を「Cookie(クッキー)」といいます。当社のウェブサイトは、お客様が一層便利にご利用いただけるように、Cookieを使用する場合があります。
(※4)当社サイトでは、お客様の当社サイトの訪問状況を把握するためにGoogle 社のサービスであるGoogle Analyticsを利用しています。
当社のサイトでGoogle Analyticsを利用しますと、Google社のCookieによってお客様の当社サイトの訪問履歴を収集、記録、分析します。
当社は、Google 社からその分析結果を受け取り、お客様の当社サイトの訪問状況を把握します。
Google Analyticsにより収集、記録、分析されたお客様の情報には、特定の個人を識別する情報は一切含まれません。また、それらの情報は、Google社により同社のプライバシーポリシーに基づいて管理されます。
お客様は、ブラウザのアドオン設定でGoogle Analyticsを無効にすることにより、当社のGoogle Analytics利用によるご自身の情報の収集を停止することも可能です。 Google Analyticsの無効設定は、Google社によるオプトアウトアドオンのダウンロードページで 「Google Analyticsオプトアウトアドオン」をダウンロードおよびインストールし、ブラウザのアドオン設定を変更することで実施することができます。なお、お客様がGoogle Analyticsを無効設定した場合、お客様が訪問する本サイト以外のウェブサイトでもGoogle Analyticsは無効になりますが、お客様がブラウザのアドオンを再設定することにより、再度Google Analyticsを有効にすることも可能です。 Google Analyticsの利用規約に関する説明についてはGoogle Analyticsのサイトを、Google社のプライバシーポリシーに関する説明については同社のサイトをご覧下さい。
Google Analyticsの利用規約>
https://www.google.com/analytics/terms/jp.html
Googleのプライバシーポリシー>
https://www.google.com/intl/ja/policies/privacy/
Google Analyticsオプトアウトアドオン>
https://tools.google.com/dlpage/gaoptout?hl=ja
 
(2)お取引先様(法人の場合はその役職員の皆様)に関する個人情報

  • 業務上必要なご連絡、契約の履行、商談等のため
  • 取引先情報の管理のため

 (3)株主様(法人の場合はその役職員の皆様)に関する個人情報

  • 会社法に基づく権利の行使・義務の履行
  • 各種法令に基づく記録作成などの管理

 (4)採用・募集活動応募者様に関する個人情報

  • 連絡・情報提供、その他採用・募集活動に必要な利用

 (5)従業員の皆様に関する個人情報

  • 業務連絡
  • 報酬(賃金・賞与・諸手当等)支払い、人事・労務管理の履行、福利厚生の提供
  • 健康管理

 
5 個人情報の共同利用について
当社は、個人情報を次のとおり共同利用する場合があります。
(1)個人情報の項目
住所・氏名・郵便番号・電話番号・FAX番号・メールアドレスなど
 (2)共同利用者の範囲
当社関連会社(※5)
 (3)利用目的
上記4(1)の「お客様に関する個人情報」の利用目的の範囲内で共同利用いたします。
 (4)個人データの管理について責任を有する会社の名称・住所・代表者等
 共同利用する個人データについては当社が責任を負います。
  
(※5)現在関連会社はありません。
 
6 個人情報の第三者提供について
当社は、以下のいずれかに該当する場合を除き、保有する個人情報を第三者に提供いたしません。

  • お客様から事前にご同意をいただいた場合
  • 利用目的の達成に必要な範囲内において外部委託した場合
  • 法令に基づき提供を求められた場合
  • 人の生命、身体または財産の保護のために必要な場合であって、お客さまの同意を得ることが困難である場合
  • 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、お客さまの同意を得ることが困難である場合
  • 国または地方公共団体などが法令の定める事務を実施するうえで、協力する必要がある場合であって、お客さまの同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
  • 上記5の共同利用者の範囲に掲げる者に対して提供する場合

 
7 安全管理措置に関する事項
 当社は、個人データについて、漏えい、滅失又はき損の防止等、その管理のために必要かつ適切な安全管理措置を講じます。また、個人データを取り扱う従業者や委託先(再委託先等を含みます。)に対して、必要かつ適切な監督を行います。個人データの安全管理措置に関しては、別途「特定個人情報等取扱規程」において具体的に定めておりますが、その主な内容は以下のとおりです。
 
(個人情報保護指針の策定)

  • 個人データの適正な取扱いの確保のため、「関係法令・ガイドライン等の遵守」、「質問及び苦情処理の窓口」等について本指針(個人情報保護指針)を策定しています。

(個人データの取扱いに係る規律の整備)

  • 取得、利用、保存、提供、削除・廃棄等の段階ごとに、取扱方法、責任者・担当者及びその任務等について「個人情報取扱規程」を策定しています。

(組織的安全管理措置)

  • 個人データの取扱いに関する事務取扱責任者を設置するとともに、個人データを取り扱う従業者及び当該従業者が取り扱う個人データの範囲を明確化し、個人情報保護法や個人情報取扱規程に違反している事実又は兆候を把握した場合の事務取扱責任者への報告連絡体制を整備しています。
  • 個人データの取扱状況について、定期的に自己点検を実施するとともに、他部署や外部の者による監査を実施しています。

 (人的安全管理措置)

  • 個人データの取扱いに関する留意事項について、従業者に定期的な研修を実施しています。
  • 個人データについての秘密保持に関する事項を就業規則に記載しています。

(物理的安全管理措置)

  • 個人データを取り扱う区域において、従業者の入退室管理及び持ち込む機器等の制限を行うとともに、権限を有しない者による個人データの閲覧を防止する措置を実施しています。
  • 個人データを取り扱う機器、電子媒体及び書類等の盗難又は紛失等を防止するための措置を講じるとともに、事業所内の移動を含め、当該機器、電子媒体等を持ち運ぶ場合、容易に個人データが判明しないよう措置を実施しています。

(技術的安全管理措置)

  • アクセス制御を実施して、担当者及び取り扱う個人情報データベース等の範囲を限定しています。
  • 個人データを取り扱う情報システムを外部からの不正アクセス又は不正ソフトウェアから保護する仕組みを導入しています。

(外国における個人情報の取扱の委託)
下記8をご参照ください。
 
8 外国における個人情報の取扱いの委託先

  • 個人情報を外国にある第三者に提供する場合があります。その場合は、日本の法令に準拠する管理体制を整備している者に対してのみ提供し、かつ、管理体制が継続的に維持されるよう必要な措置を講じます。
  • 各種データの保存先としてクラウドサービスを利用しておりますが、そのクラウドサービスにおいては、データは暗号化され、サービス提供事業者側からデータへのアクセスは契約上制限されております。

 
9 個人情報の開示等の請求
 当社は、個人情報の照会・訂正・利用停止・消去等のご要望があったときは、所定の手続でご本人様であることを確認のうえ、すみやかに対応します。本プライバシーポリシーに関してご質問がある場合や権利行使される場合は、下記のお問い合わせ窓口にご連絡ください。
 
お問い合わせ窓口
 
〒460-0022
名古屋市中区金山5-11-6 名古屋ソフトウェアセンタービル3階
株式会社ファインゴール 個人情報保護相談窓口
TEL:052-737-7001
info@finegoal.jp